WePlay Eスポーツは、今シーズン2回目のKyiv Dota Pro CircuitMajorを開催します

WePlay Eスポーツは、今シーズン2回目のKyiv Dota Pro CircuitMajorを開催します

トーナメントは2021年6月2日から13日に開催されます。18チームが50万ドルの賞金プールを目指して競います。


TECHIIAホールディングの一部である国際eスポーツメディアホールディング会社WePlayEスポーツは、2回目の大規模なDota Pro Circuit(DPC)を 計画しています。このイベントは、2021年6月2日から13日までWePlay Eスポーツ キエフアリーナで開催されます。

WePlay AniMajorは、WePlayEスポーツの次のDotaProCircuitトーナメントです。ビデオ:WePlay Eスポーツ

Dota Pro Circuitは、世界中からのチームがDPCポイントを競う予選イベントのValveシリーズです。シーズンのトップチームは、メインの毎年恒例のDota2トーナメントであるTheInternational(TI)に参加し、数百万ドルを目指し競います。

WePlay AniMajorは、今シーズンの2つのDPCメジャーのうちの1つです。このトーナメントの賞金プールは$ 50万ドルと2,700DPCポイントです。

「このような大きなイベントを主催できることを光栄に思います。それは私たちにとってさらなるチャレンジです。昨年からの不安な状況でも、Dota2ワールドとeスポーツ全般で新たな品質のベンチマークを設定できるのだと学びました。したがって、新しいプログラムは、最高に洗練されたファンや私たちの放送フォロワーを驚かせるでしょう。」と、WePlayEスポーツの最高経営責任者であるOlehHumeniukは述べています。

合計18チームがWePlayAniMajorに参加し、次のように分けられます。

  • ワイルドカード—6チーム。
  • グループステージ—6チーム。
  • アッパーブラケットプレーオフ—6チーム。

ワイルドカードステージでは、6チームがラウンドロビン(ベスト2)シリーズを競います。上位2チームがグループステージに進みます。6月2日に始まります。

グループステージでは、8チームがラウンドロビンマッチ(ベスト2)シリーズを競います。グループステージの上位2位を獲得したチームは、アッパーブラケットのプレーオフに進みます。ポイントが最も低い2チームは落とされます。残りのチームはローブラケットのプレーオフに進みます。これは6月8日に始まります。

プレーオフでは、3勝(ベスト5)で競われるグランドファイナルを除いて、すべての試合が2勝(ベスト3)で競われます。これは6月9日に開始されます。

WePlay Eスポーツは、OMEGAリーグ、WePlay! Mad Moonやカルパチア山脈での WePlay! Bukovel Minorなどすでに多くのDota2トーナメントを開催しています。

WePlay AniMajorは、WePlayEスポーツの会場であるVDNGのWePlayEスポーツキエフアリーナで開催されます。このユニークなアリーナでは、すでに2つのeスポーツファイティングトーナメントの他、Twitch、YouTube、DAZN、その他のプラットフォームで放送されたボクシング競技の夜、Ultimate BoxingNightが開催されました。

ウクライナ青年スポーツ省は、ウクライナでWePlay AniMajor2021トーナメントを主催するというメディアホールディング会社の希望を支持しています。

このトーナメントにはオフラインの観客はおらず、参加者とスタッフは新型コロナウイルスのパンダミックによるすべてのセキュリティ対策に遵守しています。 TwitchYouTubeのチャンネルで英語の公式放送を見つけることができます。

WePlay Eスポーツのウェブサイトで、協力とビジネスの発展の機会について詳しく知ることができます。 FacebookLinkedInでメディアホールディングのニュースをフォローしてください。

出典:WePlay Eスポーツ広報部

ニュース購読を登録する
最新ニュース
Ukrainian company Culver Aviation produces self-designed drones. However, it does not sell UAVs but provides a DaaS (Drone-as-a-Service). The company provides them based on images of the earth's surface taken by their self-designed UAVs. Since the beginning of the war, Culver Aviation has handed over several pieces to the Armed Forces. The AIN.UA editorial office asked the company's CEO Oleksandr Davydenko about his work during the war.
26.05.2022
Culver Aviation launched Damage Monitoring to help assess the damage and properly allocate resources required for reconstruction after the war.
24.05.2022
Defenders of Ukraine will soon receive new quadcopters, radio communications, and military first aid kits from the Techiia Foundation. The organization spent almost $2 million (UAH 58.2 million) on this purchase.
19.05.2022