「ウクライナ人は具体的な要求と解決策を提供すべきである」Oleg Krot, ルガーノでの会議にて

「ウクライナ人は具体的な要求と解決策を提供すべきである」Oleg Krot, ルガーノでの会議にて

ウクライナ人に注文し、ウクライナをサプライチェーンに含み、関係を加速化することは、ウクライナが戦争から回復し成長を始めるのを助けるためにEU諸国が取らなければならない3つの重要なステップです、と Oleg Krotは、スイスの都市ルガーノで開催されたURC2022会議のビジネスセッションで述べました。


2日間の国際ウクライナリカバリー会議(URC)2022は、戦後のウクライナ回復の問題について、ウクライナとEUの政治、およびビジネスリーダーが集まったものです。国連グローバルコンパクト会議の一環として、ウクライナとスイスが共同して、このプロセスへの企業参加に関するセッションを開催しました。

TECHIIAホールディングの業務執行取締役であるOleg Krotは、直接投資とは別に、欧米諸国がウクライナの復興にどのように貢献できるかを語りました。

Oleg Krot TECHIIAホールディングの業務執行取締役

Oleg Krot TECHIIAホールディングの業務執行取締役

「要するに、私たちは注文を出し、サプライチェーンにウクライナを含め、意思決定をスピードアップする必要があります。しかし、強力なパートナーとは、文句を言わず、具体的な要求、解決策、プロジェクトを提供する人であることをウクライナの代表者は忘れてはいけません。軍事面と同じほど、あるいはそれ以上に激しく社会経済面で取り組む必要があります。」

Olegの他に、DTEKのCEOであるMaksym Timchenko, DATAGROUPのCEOであるMykhaiko Shelemba、VodafoneウクライナのCEOであるOlga Ustinova、インターパイプ鉄道製品部門のディレクターであるOleksandr Harkavyなどもこのビジネスセッションに参加しました。

ニュース購読を登録する
最新ニュース
2020‐2023 年度の企業社会的責任レポート
01.02.2024
Marianna Konina, Chief Public Engagement Officer of the international holding TECHIIA.
20.11.2023
Here are a few conclusions we have made and are using as the basis for the next iteration of our holding.
14.11.2023