2023 年は仮想通貨に投資すべきか?

2023 年は仮想通貨に投資すべきか?

ビットコインまたはアルトコインのいずれかの価格は2023年にはいくらぐらいになるでしょうか? 素晴らしい質問です。 様々なことによって影響されるため、プロのトレーダーでさえ仮想通貨の価格を予測することはできません。 しかし、投資家として、私は別のことを考えたいと思っています。 すでに仮想通貨を止めてしまった人々は正しいのでしょうか、それとも昨年の市場暴落はまだ終わりではないのでしょうか?


ビットコインで購入するブガッティ — 失敗

2021 年 2 月、ビットコインの時価総額は初めて 1 兆ドルを超えました。 最初の仮想通貨は 1 年で 900% 成長し、1 コインあたり 54,000 ドルの価格で取引されました。

記録的な価格にもかかわらず、投資家からのリリースはありませんでした。 たとえば、ジャック ドーシーが所有する スクエアペイメントサービスは、その後 3,000 を超えるビットコインを購入しました。

ビットコインの価格が上昇する中、2021 年 3 月、クラーケン 仮想通貨取引所の創設者である ジェシー パウエル は、2022 年末までに 1 ビットコインでランボルギーニを購入でき、2023 年にはブガッティを購入できるというセンセーショナルな予測をしました。

予想は外れました。現在、ビットコインで購入できるのはキアのリオまたは三菱ミラージュぐらいです。 そしてこれは、ETF、NFT、DeFi、ステーブルコインのブームの後です。 では、何がうまくいかなかったのでしょうか?

高い金利率 —終了

2022 年、ブロックチェーン技術の成長率は高いまま維持しました。 例えば、私たちはイーサリアムプロトコルの近代化を目の当たりにしました。現在、ブロックチェーンはプルーフ オブ ワーク アルゴリズムの代わりにプルーフ オブ ステークを使用しています。 変更後、ネットワークは 99.95% 少ないエネルギーを消費します。

しかし、Terraプロジェクト、Voyager Digital and Celsius Networkクリプトバンク、Three Arrows Capitalヘッジ ファンド、BlockFi and FTX 取引所の破産で、この出来事は話題になりませんでした。

また2022年、米国のインフレ率が、1980年代始めと同じレベルの 7% に達しました。 インフレを抑えるために、連邦準備制度理事会は年に 7 回金利を引き上げました。 基準金利は 4.25% ~ 4.5% で、15 年ぶりの最高値です。

連邦準備制度理事会の政策は、リスク資産、つまり株式と仮想通貨の価値に影響を与えました。 金利が上昇するとドルは上昇し、リスク資産は下落します。 これと主な仮想通貨プロジェクトの破産により、仮想通貨市場は崩壊しました。 メディアは、すべてのコインの価格低下と長期の下落傾向から、仮想通貨の冬の始まりについて話しています。

しかし、私は、この下落のせいで この分野が終了するとは思いません。(Coinmarketcap のチャートによると、過去 1 年間で、時価総額は 2 兆ドルから 8,000 億ドルへと半分以上減少)

仮想通貨に関して言えば、価格変動は最も注目するべきでないものです。 市場の見通しを理解するために、隠れた要因を調べます。

ベンチャーキャピタルの影響

ベンチャーキャピタリストの活動は2022年後半に大幅に減少しました。この情報は初心者をパニックに陥れるでしょうが、ニュースをもっと深堀してみましょう。

プロジェクトへの参入のタイミングは、投資家の熱意にどのように影響を与えるでしょうか?シードおよびアーリーステージの仮想通貨スタートアップは、2022 年にはより多くの小切手を受け取りました。2021 年の 300 万~1200 万ドルに対して、500 万~ 2000 万ドルでした。

その上、アナリストによると、仮想通貨市場は成長中なだけです。学校では失敗ばかりでも、大学には最初の試みで入れるということです。 そういう意味で、2022年の失敗は判決ではなく、ただの成長に伴った痛みであるそうです。

Web3の開発

Web3 は、新しいブロックチェーン ベースの分散化およびトークン化されたインターネットの化身です。 これは、金融アプリケーションと NFT の両方です。 しかし、Web3 の最もダイナミックなセグメントはブロックチェーン ゲームです。

仮想通貨の冬は、分散台帳技術に基づくゲーム プログラムの成長に影響を与えませんでした。2022 年には、ゲーム ブロックチェーンのトランザクション数が 94% 増加しました。

これは非常に強い傾向であるため、地球全体が停電しない限り停止不可能でしょう。したがって、ブロックチェーンセクター全体が推測ではなく、より現実に基づいたものとなります。

NFTの帰還

COVID-19 の後、危機に最も影響を受けた分野でさえ活発に回復していることを、ビジネスと全く関わってない人々でさえ知っています。これがまさに、NFT分野で起こっていることでしょう。

2022 年にかけて 97% 減少しました。 しかし、この市場への大手企業の参入とは異なり、下落はトレンドではありません。 NFT は、大手スターバックスによるロイヤルティ プログラムの一環として開始されました。 年末までに、NFT を立ち上げた主要企業のリストには、Reddit、Meta、Nike、Disney、Coca-Cola が加わっています。

これらの企業はすべて、Web3 に基づく独自のプロジェクトの開発に投資しており、2023 年も引き続き開発を続ける予定です。私の推測では、他の企業もこの傾向に続くので、NFT 市場の復活は時間の問題です。

累積傾向

2013 年 12 月、ビットコイントーク フォーラムで、ユーザーである GameKyuubi が投稿のタイトルにタイプミスで 「I AM HODLING」と書きました。 彼は、ビットコインを使って金持ちになるトレーダーとは対照的に、自分は市場のシグナルが資産を処分する必要性を示している場合でも、仮想通貨を保持するという立場をとると批判しました。

HODL という用語はミームになり、ホドラー数の変化は、業界の発展を評価するための分析プラットフォームのデータになりました。

Glassnode からの新しい統計では、ビットコイン ブロックチェーンの蓄積アドレスの急激な増加を示しています。 これらは、過去 7 年間で少なくとも 2 回の送金を受けたホドラー ウォレットです。 しかし、これらのアドレスから資金が引き出されることはありませんでした。

そのようなウォレットの数はほぼ 800,000 に達し、つまり、年間で 18% 増加しました。 この数字は、このサービスに対する熱心なユーザーの数が増加していることを示しています。

ホドラーはビットコインでお金を稼ぎません。 彼らは、万国共通する支払い手段としての可能性を信じています。 また、ユーザーの増加は、ビットコインが世界的に採用されるという主な印です。忠実に仮想通貨を蓄積する人、ブロックチェーンやそれに基づくプロジェクトを開発する人はいると思いますが、季節や年ごとの変動は波及効果にすぎません。 最も素晴らしいことは深海で起こっているのです。

仮想通貨市場を諦めるのはまだ早いすぎます。 しかし、何度も言いますが、このセクターは、細かいことにこだわる投資家達には向いていません。したがって、決定した場合は、仮想通貨を何年も維持する覚悟でするべきです。

ソースはこちら Entrepreneur.

ニュース購読を登録する
最新ニュース
2020‐2023 年度の企業社会的責任レポート
01.02.2024
Marianna Konina, Chief Public Engagement Officer of the international holding TECHIIA.
20.11.2023
Here are a few conclusions we have made and are using as the basis for the next iteration of our holding.
14.11.2023