ウクライナ人と経済の特定分野を支援するため、Techiia FoundationとITウクライナ協会が協力覚書に署名

ウクライナ人と経済の特定分野を支援するため、Techiia FoundationとITウクライナ協会が協力覚書に署名

ITウクライナ協会とNGO Techiia Foundation(TECHIIA国際ホールディングの一部)は、協力覚書に署名しました。これら組織は、ロシア連邦が起こした戦争によるウクライナでの人道的および経済的影響を克服するために団結しました。


各パートナーの目的は、ウクライナの自由と領土保全、生きる権利、安全保障、人道開発です。したがって、パートナーそれぞれが、非常に困難な状況にあるすべての人々に支援を提供するために、あらゆる努力をします。

組織は戦争の影響を受けた経済の特定分野やウクライナ市民を共に支援することを計画しています。

Marianna Konina, the Communication Officer of Techiia Foundation

Techiia Foundationのコミュニケーションオフィサー、Marianna Konina

一緒に団結し、効果的に協力する能力は、ウクライナ人をより強くし、あらゆる危機を克服するのに役立ちます。 TECHIIAホールディングは、戦前にウクライナIT協会と協力し、多くの重要なプロジェクトを実行してきました。そして、今、再び私たちは力を合わせて国のためにさらに役立つようになり、私たちそれぞれにビジネスプロジェクトを実施する機会を与えました。

Kostiantyn Vasyuk, the IT Ukraine Association's executive director

ITウクライナ協会の常務理事、Kostiantyn Vasyuk

ITコミュニティは、国にとって最も重要なプロセスに関わる中で、常に先頭に立っています。今日、私たちの任務はウクライナの生活を守ることです。そのため、私たちは前線と背後の両方で国を守りし、オンライン上で戦い、人道援助を提供しています。 「Techiia Foundationをパートナーとして選んだのは、一緒になって、最も助けを必要としている人々に迅速に支援を提供できるからです。」

情報:

TECHIIAは、IT製品、ITサービス、ベンチャースタジオ、eスポーツ製品やアクセサリーの製造と流通、インフラ施設の建設など、さまざまな分野の企業を統合する多様性ある国際ホールディング会社です。

ホールディング社の一部で、非政府組織であるTechiia Foundationは、2022年の戦争以前は、小児腫瘍学の問題と教育分野のプロジェクトの解決に従事していました。 2月24日、ウクライナ人に人道援助を提供するための新しい目標「ウクライナの自由への支援」を開始しました。

ITウクライナは、IT企業の最大のコミュニティであり、ウクライナのすべてのIT収益の50%を占め、ウクライナのIT専門家の27%によって団結されています。この協会は、ウクライナのIT産業の発展のために、企業、州、および国際的なパートナーの利益を結びつけています。参加企業、ITクラスター、およびパートナーと協力して、ビジネスの利益を保護し、主要な技術国としてのウクライナのブランドを促進します。
ニュース購読を登録する
最新ニュース
The JMIND company released its platform for live-commerce - Infinite. But will it be as effective in a local market as in other countries?
03.10.2022
On September 21, within the UN General Assembly, the UN Global Compact Network in Ukraine and Poland jointly presented the study "United Business for Ukraine". TECHIIA holding cases are among the most significant ones.
28.09.2022
Roman Rodin, Chief Legal Officer of the international holding TECHIIA.
26.09.2022