ローランド エメリッヒ、ウクライナの自由のための闘いについての映画を制作することを約束

ローランド エメリッヒ、ウクライナの自由のための闘いについての映画を制作することを約束

アメリカの映画監督ローランド エメリッヒ(「2012」、「デイ アフター トゥモロー」、「インディペンデンス デイ」)は、ウクライナで、自国と文明世界全体の自由のためのウクライナ人の闘いについて映画、あるいはテレビシリーズを制作するつもりです。彼は、ウクライナを支持する彼のビデオ声明の中でこれらの計画を述べました。

「ウクライナは復興しなければならない。私はウクライナで映画やテレビ番組を制作することを約束した。なぜなら、ウクライナ人はこのひどい悲劇を克服するために仕事と繁栄が必要だからだ。」と監督は声明で述べました。

エメリッヒは、ウクライナ人の勇気と団結がどのようにしてロシア軍の計画を破ったかを見せ、軍と民間人の話を通してウクライナの自由への闘いの素晴らしい話を伝えたいと思っています。彼は、演説の撮影を終えた後、TECHIIAの共同創設者であるYura Lazebnikovと彼のその計画を共有しました。

Yura Lazebnikov、投資家、国際的なホールディング会社、TECHIIAの業務執行取締役

Yura Lazebnikov、投資家、国際的なホールディング会社、TECHIIAの業務執行取締役

監督は特に災害映画で知られていますが、最もひどい災害が現実に起こっています。ローランド・エメリッヒは、映画製作者としての彼の義務は、ウクライナがどのようにして文明世界全体の盾になったのかを世界に示すことだと私に語りました。そのため、彼はウクライナ人に感謝し、私たちの文化と経済を支えたいと思っているのです。

ウクライナを支援するWePlay EスポーツアリーナL.A.でのNGO Techiia Foundationビデオのイニシアチブは、IT起業家のAndrei Komarovsky、ベルギー駐米大使のGunther Sleeuwagen、カーシェアリング事業のオーナーであるIvan Agapchev、影響力のあるAnna Sherman、その他の有名な起業家やオピニオンリーダーによって録画されました。

また、Techiia Foundationはウクライナの防衛軍と戦争の犠牲者にも人道援助を提供し続けています。 2億3,100万UAH(790万ドル)相当の必需品がすでに購入され、出荷されました。

ニュース購読を登録する
最新ニュース
The "Get well soon!" project for upgrading equipment in hospitals became one of the winners of the "Responsible Country" contest in the category "Own Projects of Charitable Foundations" from Marketing Media Review.
01.02.2023
Premium locations of the largest network of cyber clubs in Vietnam – CyberCore – have chosen SENET from ENESTECH as a software platform for managing clubs. This is the start of a great partnership, as CyberCore has over 700 clubs across the country.
12.01.2023
During the year, children's and adult hospitals of various directions in seven cities of Ukraine received new modern medical equipment and consumables worth over UAH 6.5 million.
05.01.2023