WePlay AniMajor:記録を視聴しながらThe Internationalを計画する華やかなショー

WePlay AniMajor:記録を視聴しながらThe Internationalを計画する華やかなショー

WePlay Eスポーツは、最もカラフルなDota 2トーナメントの1つを開催し、キエフでトップのEスポーツイベントを開催する準備が万端です。



6月13日、Dota Pro Circuit(DPC)シリーズ、シーズン2021の2番目のメジャーであるWePlayAniMajorがキエフで終了しました。世界中から18チームがWePlayEスポーツアリーナキエフに集まり、50万ドルの賞金プールと2,700DPCポイントを目指して戦いました。

Dota Pro Circuitは、世界中からのチームがDPCポイントを競うValveの予選イベントシリーズです。今シーズンのトップチームは、毎年恒例のメインのDota2トーナメントであるTheInternational(TI)に参加し、数百万ドルを目指して競います。

主催者は、TECHIIAホールディングに属するWePlayEスポーツメディアホールディングです。同社はすでに、OMEGAリーグ、WePlay!Tug of War:Mad Moonやウクライナのカルパチア山脈のWe Play!Bukovel Minorなど、多くのDota2トーナメントを開催しています。2020年、メディアホールディングはオンラインへの移行に成功し、パンデミック時のすべてのセキュリティ対策を考慮しながら、新しいトーナメントの形式を考案しました。

受賞者は次のとおりです。

1位:PSG.LGD — 200,000ドル — 500DPCポイント;

2位:Evil Geniuses— 100,000ドル — 450DPCポイント;

3位:T1 — 75,000ドル — 400DPCポイント;

4位:Vici Gaming — 50,000ドル — 350DPCポイント;

5位/ 6位:Team Nigma— 25,000ドル — 300DPCポイント;

5位/ 6位:Quincy Crewー— 25,000ドル — 300DPCポイント;

7/8位:TNC Predatorー— 12,500ドル — 200DPCポイント;

7/8位:Team Spirit— 12,500ドル — 200DPCポイント。

このメジャーは、WePlayEスポーツにとって最大のイベントになりました。チームは、発表後、文字通りに数週間後にイベントを開催しました。

「タイトな期限にもかかわらず、リアルで最高なeスポーツショーを作成するという私たちの原則に忠実であり続けました。視聴者がこのフォーマットを気に入ってくれてうれしいです。私たちは世界を驚かせる新しい方法を模索し続けます。チームの皆さん、おめでとうございます。Valveの信頼に感謝します。一緒に業界を進化させていきましょう。」とWePlayEスポーツの最高経営責任者であるOlehHumeniukは述べました。

WePlayAniMajorでのブランド化された特殊効果。クレジット:WePlay ホールディング

WePlay Eスポーツの特徴は、ホストの詳細、装飾、服装に注意を払った素晴らしいトーナメントのショーです。 WePlayAniMajorはアニメの影響を受けました。チームが集まる長さ45メートルと高さ10メートルのメインステージと、コメンテーターとアナリスト用の独自で調整可能なアリーナの2カ所がありました。生放送では、ブランド化された特殊効果が使用されました。


WePlayAniMajorでのブランド化された特殊効果。クレジット:WePlay ホールディング

このイベントの商品はFSホールディングから提供されました。ほんの数週間で、同社はTシャツ、パーカー、マスク、枕、バッジ、ステッカーを作成し、国際配送を調整しました。

FSホールディングによって提供された商品。クレジット:WePlay ホールディング

メジャーは、同様のイベントの中で視聴時間3700万時間以上という記録を達成しました。 Eスポーツチャート分析会社によると、約65万人の視聴者がピーク時にトーナメントをフォローしました。

WePlayAniMajorに関するトップ10の事実。クレジット:WePlay ホールディング

パンデミック中は、トーナメントはオンラインのみの形式で開催されました(オフラインの視聴者なし)。チームとスタッフは定期的に新型コロナウイルスの検査を受け、健康状態を監視しました。専任チームが宿泊施設、ロジスティクス、食事、報道機関との安全なコミュニケーションを提供しました。

また、メディアホールディングは、Dota Pro Circuitの最終戦であるインターナショナル10を主催する準備ができています。8月5日から15日までストックホルムで開催される予定でしたが、パンデミックのためキャンセルされました。 WePlayEスポーツの最高経営責任者であるOlehHumenyukによると、チームは十分な経験と実力を持っており、ウクライナの環境により、あらゆる規模のeスポーツイベントを実施できます。

ニュース購読を登録する
最新ニュース
Ukrainian company Culver Aviation produces self-designed drones. However, it does not sell UAVs but provides a DaaS (Drone-as-a-Service). The company provides them based on images of the earth's surface taken by their self-designed UAVs. Since the beginning of the war, Culver Aviation has handed over several pieces to the Armed Forces. The AIN.UA editorial office asked the company's CEO Oleksandr Davydenko about his work during the war.
26.05.2022
Culver Aviation launched Damage Monitoring to help assess the damage and properly allocate resources required for reconstruction after the war.
24.05.2022
Defenders of Ukraine will soon receive new quadcopters, radio communications, and military first aid kits from the Techiia Foundation. The organization spent almost $2 million (UAH 58.2 million) on this purchase.
19.05.2022