WePlay! Eスポーツがスポーツの分野のRiot Gamesによる新しいVALORANTの開発を支援

WePlay! VALORANTインビテーショナルトーナメント。 WePlay!Eスポーツプレス事務所による写真

WePlay!Eスポーツによる初のVALORANTトーナメントが、新しいゲームのリリースからわずか1か月後の7月19日に終了しました。Eスポーツの世界はゲームにやっと精通し始めたという事実にもかかわらず、WePlay!VALORANT インビテーショントーナメントの視聴は689,945時間に至りました。



ヨーロッパとCISからの8つのチームが50,000ドルの賞金プールを目指してトーナメントに参加しました。WePlay!Eスポーツは、放送の視聴者が好みのチームのプレーを楽しむことの他、明るいeスポーツショーを楽しむことができるように、常にあらゆることを試みてきました。したがって、AR(拡張現実)テクノロジーを使用して、試合の統計、リプレイ、エンターテイメントが組み込まれました。

WePlay! VALORANT インビテーショナルトーナメントの放送中のARエフェクト

このようなエフェクトは常にファンから高く評価されており、特に統計結果に反映されています。Eスポーツチャートポータルの解析によると、ピーク時には、一度に54,021人の視聴者がゲームを視聴しました。合計で、トーナメントは689,945時間の視聴を集めました。


Riot Gamesにとって、VALORANTは初のFPSゲームです。ゲームは2020年初夏にリリースされ、すぐにプレイヤーの間で人気を得ました。そのため、VALORANTはTwitchストリーミングプラットフォームで1日あたりの視聴数が3400万時間という過去最高の記録を達成しました。記録に加えて、VALORANTは、League of Legendsの2019ワールドカップ決勝戦の2位を獲得しました。これは、同時視聴数が170万回という、もう1つの人気のRaiot Gameのゲームです。 WePlay! VALORANT インビテーショナルトーナメントは、VALORANT IGNITION シリーズと新しい競技インフラの公式の一部となりました。このシリーズは、Riot Gamesがどのトーナメントの主催者やチームと提携するのが最適かを理解するのに役立つでしょう。

WePlayがeスポーツコンテンツの品質のレベルを引き上げたいという彼らの願望を常に示し、トーナメントを強調するために平凡でない創造的なアプローチをとってきたことが分かります。パートナーがプレーヤーのオーディエンスを高く評価し、最高の観戦体験を提供することを試みることが私たちにとって重要です。
-CISのRiot Gamesのeスポーツの責任者であるAndrey Korshunov氏はそのように述べています。

私たちは、Riot Gamesと一緒にVALORANTトーナメントを結成し開催できたことを嬉しく思います。この分野での競技はさらに激化するでしょう。私たちは、視聴者に明るい感動を与え続けるために、新しいプロジェクトに一緒に取り組み、高品質のスタジオ放送を提供できることを期待しています。
―WePlay!Eスポーツのゼネラルマネージャー、Oleh Humeniuk氏はそのようにコメントしています。

WePlay! VALORANTインビテーショナル は、パンデミック発生後で4番目に成功したWePlay!Eスポーツオンラインプロジェクトです。その前は、同社はDota 2 WeSave! Charity Playマラソン、WePlay! Pushka Leagueという23日間のトーナメントをDota2で、 CS:GO WePlay Clutch Island トーナメントを開催しました。

ニュース購読を登録する
最新ニュース
WePlay Studios and Grammy Award-winning producer Larrance "Rance" Dopson are joining forces to create more content focusing on cultural themes.
05.03.2024
2020‐2023 年度の企業社会的責任レポート
01.02.2024
Marianna Konina, Chief Public Engagement Officer of the international holding TECHIIA.
20.11.2023