どのようにWePlay!Eスポーツトーナメントが設立されたのか

WePlay!Eスポーツのステージディレクター Klim Denisov、WePlay! Clutch Islandを例にeスポーツトーナメントを準備する秘訣について

TECHIIAホールディングの一部であるWePlay!Eスポーツ社は、eスポーツのオンラインおよびオフラインのトーナメントを作成しています。それらは、世界中の何十万人ものファンに視聴されています。視聴者はゲームのeスポーツマンだけでなく、カラフルで感情的なショーを観賞します。彼らはお気に入りのチームに笑い、泣き、賞賛、心配したりします。そして、大規模なWePlay!Eスポーツチームがこのプロセスの舞台裏にいます。



WePlay! Clutch Islandとは

2000年代初めに、さまざまな国の住民が人気のサバイバルテレビ番組のためにテレビ画面に見入りました。例えば、“The Last Hero” “Fort Boyar” “Behind the Glass” などです。

現在、一部の視聴者はTV画面に見入るのではなく、eスポーツトーナメントのどれかに参加するためにガジェットを手に持っています。

例えば、WePlay! Clutch Islandトーナメント主なアクションは、海の真ん中の深いジャングルのある無人島で行われます。 「私たちは小さな緑の天国と地獄を作りました。バウンティバーのような白い砂浜のある広い島のビーチの一方で、島に続く急な断崖と隠れた洞窟や高い峡谷の上に架かる壊れそうな木の橋があります。島は密林のジャングルで、危険に満ちており、この状況で重要な義務は生き残ることです!」 とEスポーツのインタビューでWePlay! Clutch Island のディレクターであるKlim Denisov氏は言います。

このeスポーツトーナメントとテレビの原作でも、2つのチームが参加します。彼らは勝つために競争し合います。ショーの中心は、ゲームの分析が行われる場所、リビールカメラ、解析の場所などです。トーナメントの終了で、1位から8位までが勝者となります。彼らは 50,000ドルとRMRを分配します。15,000ドルの最高の報酬は、1位の勝者、8位のチームが最小額の3000ドルを受け取ります。

RMRポイントは次の方法で配布されます。10の参加チームは、14,375のRMRポイントをチーム間で共有します。ポイントの合計により、最も有名なeスポーツトーナメントであるESL Oneの参加者が決定されます。最終戦は今年後半にリオデジャネイロで行われる予定です。


写真:WePlay! Clutch Island

舞台裏

Klim Denisov frankly氏は、本当の魔法はトーナメントの準備の裏側にあることを率直に認めます。視聴者はそれを見ませんが、プロジェクトチーム全体がそれを感じます。「すべては、プロジェクトのアイデアの承認から始まります。それから視聴者の興味をそそるような適切なイメージが提案され、トーナメント内でのストーリーを作成し、各イベントを新しいジャンルの別々の映画のようにすることを目的としています」とKlim Denisov氏は言います。

イメージについて語るなら、秘密の方法を使用して作成されています。WePlay! Eスポーツは通常、非常に喜びながらそれらについて話します。 「監督することは、”作家とデートする”ということです。作品を選んだ後、作者と彼のすべての作品の全人生を研究し、この作品の執筆の理由を分析します。この方法でのみ、本当のアイデアを見つけ、ストーリーに備わった矛盾を理解し、それを著者に代わって正しく解釈することができます。」とプロジェクトのディレクターが共有します。

次に、トーナメントの収集的なイメージが作成され、場所は、他のショーや解析データに基づきます。たとえば、WePlay! Clutch Island は、マオリ文化を参考にしたポリネシアンジーランドの無人島の収集的なイメージの結果で、何故なら、これらの人々がチームメンバーの競技に最適な “完璧な戦士”だからです。

写真:Forge of Masters - WePlay!Eスポーツ

画像と主なアイデアの制作後、コンテンツが作成され、プロモーションが準備されます。イベント前とイベント中に視聴者が目にする、既製のプレフィルムコンテンツに関するものです。また、競技の合間には、ガイド、ゲームクリップ、モキュメンタリー、パロディ、スケッチ、クリップなどがあります。 「これらは接着剤です。」アイデア、風景、衣装、キャストの画面での動作などすべて統合します。ちなみにキャストの場合、映画のように常に役が作成されます。counselors at the Forge of Masters スカウトトレーニングキャンプのカウンセラー、Lock and Loadのシークレットエージェント, Pushka Leagueのシークレットエリート協会の会員、Forge of Masters Season 2の列車のガイド, cyberpunk Mad Moonでof Dr. Disrespectの役を演じた Lesha “yXo” Maletsky、などリストは長々とあります」とプロジェクトのディレクターは言います。

写真:Mad Moon - WePlay!Eスポーツ

その少し後に、著者たちがプロジェクトのシナリオに「魔法をかけます」。「私たちはこのプロセスを「饗宴の時」と呼んでいます。私たちの著者の仕事は、食べ物も水もない小さな暗い部屋に座って、何日も脚本を書いたり編集したりしています。冗談です、部屋には水と照明があり、その他はすべて真実です。脚本家は、書くすべてが度々あるいは完全に編集や変更され、望んでいる形式と言語が見つかるまで歴史の闇の中にいるようですが、素晴らしい仕事をしています」とKlim Denisov氏は説明します。

ディレクターは、プロジェクトの作成プロセスに非常に注意深く介入します。これは、番組が作成されるジャンルの条件付きフレームワークによるものです。 「私は自由を提供するように最善を尽くします」と、WePlay!Eスポーツのディレクターが言います。

それでも、数十のシナリオから1つを選択する際は、最も熱した時間の始まりです。この段階でのステージディレクターの役割は、撮影プロセスに取り組むことです。 「私たちはトーナメントに関わるすべての才能と協力するよう努めています。 プロのアーティスト、俳優、吹き替え俳優、人形劇の俳優と一緒に仕事をすることがよくあり、on WePlay! Bukovel Minor 2020でのArtifactトーナメントのサーカスアーティスト、ミュージシャン、奇術師、パイロテクニクスなどはそうでした。 「終了、ありがとう、撮影完了」の声が上がると、素材はポストプロダクション部門に送られます。多くの人々が考えるように、この段階では創造性は終わりません」とKlim Denisov氏は言います。

それからトーナメントは形、ボリューム、風景、そして感情と具体化されます。「私たちはストーリーボードでカメラマンと、スタジオとスタジオ外の両方で制作デザイナーと、美しいキャスターのイメージのため衣装デザイナーと一緒に協力します。同時に、俳優はコンテンツでの役割が承認され、撮影、吹き替え、編集、グラフィックスとエフェクト、カラーリング、編集、放送が行われます。デコレータも活躍します。彼らは参考を見つけ、スタジオのスケッチをする責任があります。「ちょっとした飾り付け、ディテールが全体のスタイルに差をつけます。見た目に満足してもらえるよう確信します」とWePlay!Eスポーツ Directorは語っています。

そして、視聴者向けの画像が作成されます。編集ディレクターは、作業で新しい色を追加する、スクリプトに既にあるジョークを改善して「仕上げる」というクリエイティブなテクニックを考え出します。

「そして最後に、‘放送中’の魔法が作用します。その中には、笑い声でチャットをすすり泣かせ、共感させる要素もたくさんあります」とKlim Denisov氏は秘密を共有します。

weplay.tvでのオリジナルインタビュー

ニュース購読を登録する
最新ニュース
Culver Aviation and Lviv Polytechnic National University signed a Memorandum of Cooperation. The company's specialists will participate in the training of students within the new educational program — Unmanned Aerial Vehicles, which will be launched this year.
12.08.2022
The ENESTECH Software company, part of the TECHIIA holding, has localized SENET — a platform for automating gaming lounges and esports arenas – into Polish.
11.08.2022
Chief Operating Officer of the TECHIIA holding Oleh Humeniuk will become a guest speaker in the "Headquarters" - a Delo.ua project designed to help Ukrainian businesses adapt to the realities of war, using the experience of leading entrepreneurs and managers.
10.08.2022