American PR Dailyからの国際賞のファイナリストにWePlay!Eスポーツ

WeSave! Charity Play.

写真:WeSave! チャリティープレイ

WeSave! チャリティープレイのコミュニケーションキャンペーンであるeスポーツマラソンは、権威あるPR Daily 2020 CSR 賞を競います。WePlay!Eスポーツのイニシアチブはアメリカの陪審員によって注目され、資金調達および慈善イニシアチブ部門の企業社会的責任賞のファイナリストに達しました。この賞は、人類への重要なメッセージを伝え、世界をより良い場所にしているチーム、機関、および企業を承認するものです。


Dota 2オンラインマラソンWeSaveチャリティープレイはほんの1週間、開催されました。24の世界的に有名なチームが参加し、賞金は 120,000ドルでした。視聴者からの寄付がこの基金に追加され、合計 188,879ドルが2つの国際基金、コロナウイルスワクチンの開発を促進するCEPIと世界中の脆弱なグループを支援するGlobalGivingに送金されました。

世界的なコロナウイルスの状況は急速に悪化しており、オンライントーナメントを通じて資金を調達することはパンデミックと戦うための効果的な方法であったため、オンライントーナメントを主催することはすぐに決定されました。イベントを宣伝する時間はほとんどありませんでしたが、それにもかかわらず、このアイデアは非主力な出版社さえも捉え、イベント自体はフォーブスやロイターを含む29か国のメディアで842回報道されました。

「チャリティーマラソンは世界を助けるために設計されたものであり、哀愁があるのは当然です。そのアイデアはeスポーツよりももっと大きいです。戦術的な課題は明らかでした。トーナメントを主催する間、パンデミックと戦うための資金調達することがキーポイントでした。メディアとの温かい関係のおかげで、地方のメディアはすぐにアイデアを取り上げました。非主力な出版社もイベントに気づきました。イベントの発表とPRプロモーションの時間は記録的な短かさでしたが、 WeSave! チャリティープレイは私たちの最も成功したコミュニケーションキャンペーンの1つになりました」とWePlay!Eスポーツの最高コミュニケーション責任者であるOlena Dalska-Latoshevich氏はコメントしています。トーナメントは8つの言語で世界中から視聴され、サポートされました。独立した解析リソースであるEスポーツチャートの統計によると、ピーク時にマラソンは161,000観客によって同時に視聴されました。プレイヤー、ホスト、専門家はトーナメントの間、ボランティアとして働きました。

WePlay!Eスポーツと一緒にファイナルの最終候補者を獲得したのはこれらの企業です:
  • Communications Inc.(広報マーケティングマーケティングエージェンシー)
  • フィラデルフィアコンベンションアンドビジターズビューロー(FLVB)
  • コッパーポイント保険会社
  • ペプシコ財団
  • 非営利のリサイクルパートナーシップ
ニュース購読を登録する
最新ニュース
dev.ua continues the series of articles about IT professions. Today Pavlo Rymkevych from the international holding TECHIIA talks about the Motion Designer profession.
01.12.2022
Oleg Krot, the Managing Partner of the international holding TECHIIA for delo.ua.
29.11.2022
MEGOGO has become one of the official broadcasters of the 2022 FIFA World Cup. The media service will broadcast all 64 matches of the tournament, 18 of which will be exclusive, with Ukrainian commentary.
22.11.2022