危機管理:迅速に考え、明確かつ予定通りに行動すること!

WP MerchandiseのBDOであるVladimir Kostandi氏は、危機を克服した彼の経験を共有し、どのようにそしてなぜあなたが最善を望み、最悪の事態に備えるべきかについて語ります。危機は予測できるのか?どのように反応するか?会社を事前に準備できるか?


事前に危機に備えて会社を準備することは可能ですか?「はい!」- お答えします。理論を理解し、さまざまなシナリオに対して1、2、3の計画を立てることが重要です。すべての危機はサイクルであり、その間は短縮されています。企業にとって、これはコーポレートガバナンスのテストです。危機への備えは、あらゆる企業の開発戦略に組み込まれるべきです。困難な状況では、意思決定のスピードと実行への規律が大切です。したがって、即行に行うことに加えて、計画と明確な指示があるべきです。経営者が危機を予知しない場合、これは経営者にとっての問題です。

困難な時期には、会社を編成する必要があります。私は2007年から2008年の危機の克服に成功した経験があるため、実際に、特定のテクノロジーを危機に対処するために使用しました。それらの1つは「5点」と呼ばれ、その基本的な要素は、問題の理解、状況の評価、意思決定、行動計画、および命令でした。ひとつひとつの点が重要です。何かを見落とした場合、必ず後で問題となります。たとえば、マネージャーに行動計画を話しても、正式化を無視すれば、決定が誤って聞かれ実行される可能性があります。

Estée Janssensによる写真

危機への対応の仕方とは? まず運用対応チームが設立されます。誰がこのチームに参加できるのか?これは、組織のリーダーだけでなく、人事、IT、弁護士、広報、セキュリティスペシャリストなど会社の機能をサポートする従業員にとっても重要なポイントです。財務担当者は「流動資産はどうか?次の四半期の予測は?」という質問をする必要があります。ITスタッフは、インフラが正常かどうか、意思決定に必要な情報にアクセスできるかどうか、サイバー攻撃の件数は増加している間、私たちは保護されているかどうかを尋ねる必要があります。人事担当者は私たちが合理的かつ人道的に行動できるかどうかを尋ねる必要があります。そして、PRサービスのプロフェッショナリズムが決定的になる可能性があります。なぜなら、危機の最中に、社内外のコミュニケーションの重要性が増すためです。シナリオ1、2、3の対応計画の作成アルゴリズムは、コーポレートガバナンスに組み込まれるべきです。危機が明らかになったとき、社内で早急に会議を開き、さまざまなシナリオを検討しました。私たちの部門のマネージャーは、さまざまなシナリオについて、計画1、2、3が必要であることを分かっています。楽観的、現実的、悲観的、そして “すべて損失”。時々、彼らは”なぜ、悪いスクリプトをさ作成するのか”と尋ねます。それは、状況が最悪の事態に陥った場合に対処する方法がわからないという不安と恐れが取り除けるからです。私は楽観的で、計画1を信じていますが、そうでない場合はどうするかも考え、この計画の準備ができているべきです。

危機で何をする必要がありますか?ほとんどすべての業界に適したルールがいくつかあります。分散型から集中型に移行します。優先順位、意思決定のスピード、実行の規律が重要です。運営費用は営業利益に基づき計画しています。財務管理が前面に出ます。主な焦点は1〜3か月間の戦術計画です。投資はしません。深刻な資金不足の場合、実際の投資プロジェクトにのみに限ります。私たちはダイナミックな環境をサポートします。結果だけではなく、プロセスとそれらの品質の向上に焦点を当て、一から再開するのは困難ですので、可能であれば、プロセスを停止せずに行います。

危機に備えて会社を事前に準備することは可能ですか?危機時のリーダーシップは、会社が所有する変革リソースによって決まります。コーポレートガバナンスと企業文化が優れているビジネスは、危機の際により回復力があります。理論に注意を払い、理論の観点からすべてが正常かどうかを確認する企業は、困難な時期に備えることができます。彼らはより容易にストレスに耐えられます。会社に対しては、管理性基準の基本的な違反でさえ影響します。私は、組織構造のCEOが15人以上の直接の部下を持つ会社を知っています。このようなビジネスに危機が発生するとどうなりますか?戦争の司令官に部下がほとんどいないことはあり得ませんでした。ランクが高いほど、部下は少なくなります。危機の良い面は、実行不可能な戦略、構造、そして高額な支払いをビジネスから排除することです。

これは悲惨に聞こえるかもしれませんが、私たちは社会的連帯の時代を待っていると思います。前世紀には、軍拡競争は消費競争に取って代わられました。私たちが所有と支配の道を歩み続けると、私たちの惑星と人類は悲惨な状態になる可能性が非常に高くなります。私たちは「着実な成長」という表現に慣れています。 しかし、ダボスでの最近の経済フォーラムでは、成長が見られない場合の対処方法について話し合いました。最近、さまざまな国の私の同僚と、可能な展望について話し合いました。危機は、国に関係なく、私たちは同じ問題を抱えていることを示しました。今、これまで以上に相互関係と相互依存しています。マクロ経済の状況は誰にとっても同じですが、企業はさまざまな方法で危機に対処します。大恐慌の時に任期していた米国の第32代大統領であるセオドアルーズベルトは、「最善を尽くし、持っているものを使い、そのままでいなさい。」

私たちはある文明の崩壊に陥りました。人類には3つの基本的なシナリオがあると思います。 1つ目は、グローバルなリソース管理システムがあり、人々が生活を楽しむことです。この理論の批評家は、理想的な状態を生み出したマウスを使ったアメリカの民族学者による実験の例を示しており、その結果、全人口が衰退して死亡しました。 2番目は、科学者は、21世紀に人類がグローバルなソーシャルネットワークの形成を完了することを証明しました。 120億人が惑星に住み、技術や医学の発展にもかかわらず、私たちはもはや存在しません。このシナリオによれば、惑星の人口は減少し、現生人類で復活します。 3番目のシナリオは、人間とテクノロジーが融合して新しいホモサピエンスを形成すると言うトランスヒューマニストによってサポートされています。シナリオに関係なく、人類は成長のない新しいパラダイムに住むことを学ぶ必要があり、消費はより賢明な時代に置き換えられるべきです。

business.uaからの原文

ニュース購読を登録する
最新ニュース
2020‐2023 年度の企業社会的責任レポート
01.02.2024
Marianna Konina, Chief Public Engagement Officer of the international holding TECHIIA.
20.11.2023
Here are a few conclusions we have made and are using as the basis for the next iteration of our holding.
14.11.2023