TECHIIAはウクライナでの持続可能な開発のリーダーの1社です

TECHIIAはウクライナでの持続可能な開発のリーダーの1社です

国際的なホールディング会社であるTECHIIAは、現在ウクライナで持続可能な開発において高評価を受けています。このランキングは、ウクライナの国連グローバルコンパクトネットワークと協力して、Money誌とKorrespondent誌によって作成および実施されました。



1983年、天然資源の枯渇、環境の悪化、生活水準の低下により、国連は環境と開発に関する世界委員会を設立しました。そして、その委員会のより、「持続可能な開発」という言葉が国際的なビジネス環境に広まり始めました。この概念は、経済活動の実施に対して、よりバランスの取れたアプローチを意味します。この地球に住む現世代の人々は、将来の世代のための天然資源を出来るだけ保存するために慎重に扱わなければいけません。

時間と共に、天然資源の利用方法を変更し、ビジネスの新しい実施方法を作成する必要性が明らかになり、2015年に国連総会は「すべての人にとってより良い、より持続可能な未来を達成する」という17の目標を作成しました。

持続可能な開発目標は、環境の課題だけでなく、貧困と飢餓の撲滅、教育レベルの向上、男女平等、そしてすべての人の幸福など、さまざまな社会的イニシアチブで構成されています。

今日、国連の持続可能な開発目標は、すべての大企業にとって一種のアクションプランです。ビジネスはもはや利益を増やすことだけに従事することはできず、環境的および社会的問題の解決に貢献することを余儀なくされています。

欧米では、持続可能な開発のランキングが長い間公開されてきました。そして、私たちが国連グローバル・コンパクト・ネットワークと協力してこのような文書を発表したのはこれが初めてです。

地元企業は、腐敗防止プログラムの実施、経営陣間の性別の多様性、環境および社会的イニシアチブへの参加など、いくつかの基準に沿って評価されました。

プロジェクトの著者が述べたように、「このランキングでの順位は、そのランキングの事実に比べて重要ではありません。これらのビジネスのマネージャーは、賢明で前向きな真のリーダーであり戦略家です。」

TECHIIAインターナショナルホールディングもそのランキングに入りました

「私たちはビジネスと同じくらい社会活動に従事しています。戦略的慈善活動と呼ばれるアプローチがあります。このアプローチでは、ビジネスが社会の重要な問題を解決し、それは誰にとってもメリットがあります。この慣習は欧米で広く行われており、私たちはそれに向けた第一歩を踏み出しています。」とTECHIIAの業務執行取締役であるOlegKrotは言います。

「その背景には個人的な理由もあります。Olegの家族のほとんどが医者なのです。彼はその中でビジネスを選んだ唯一の人でした。ビジネスマンとして、医療機器で人々を救うことはありませんが、そうする人々を支援することはできます。それは純粋な論理です。」と、TECHIIAの業務執行取締役のもう一人であるYuraLazebnikovが付け加えます。

今年、ウクライナ企業39社がKorrespondent誌のランキングに入りました。主催者は、「多くの企業が間違いなくそれに値しており、そのすべての企業がそれに気付いていないだけです。」と、来年はこの数が2倍になると確信しています。

ニュース購読を登録する
最新ニュース
By Kostyantyn Kolesnichenko, Desktop Lead at ENESTECH Software company.
20.10.2021
From now on, children's hospitals in Rivne, Sumy, and Kharkiv will be able to perform complex surgical operations that were previously inaccessible to patients. In total, the NGO Techiia Foundation spent UAH 2 million on new equipment for these medical institutions.
13.10.2021
TECHIIA holding was included in the list of the "Best Employer Brand" ranking finalists according to the "TOP100. Ratings of the largest ".
04.10.2021