ライフストーリーと数字におけるTECHIIAビジネス。Oleg KrotがTochka Gチャンネルのインタビューを受けました。

OlegKrotはYouTubeの「Tochka G」チャンネルのインタビューを受け、先月で最も視聴率の高かったゲストになりました。 私たちは、eスポーツ、珍しいぬいぐるみ、チームの原則、計画について話しました。ここには基本的な部分をまとめました。このリンクからインタビューの完全版とコメントにアクセスしてください。



WePlay Eスポーツはこのように始まりました。

私は仕事の後に気分転換でゲームを楽しんでいました。その後、何人かのアマチュアのゲーマーが一緒に事業を始めいたいと思いました。私はキエフのKharkivsky地区にある巨大なゲームクラブの所有者の知人にトーナメントの予算を割り当てるように説得しました。トーナメントに勝てなかった人でも興味を持ってもらえるように、何か新しいことを思いつくたびに、それは成功に至りました。そうしてWePlayEスポーツが生まれました。

今ではメディアホールディング会社となり、資産の購入を開始しました。多くのグループの人達が私たちのチームに加わりました。十分な数の人々が、この製品と業界を理解することが重要です。優秀な専門家は直ぐに雇えますが、チームの一員となるまでには1年かかります。そのような無駄は出来ません。したがって、新しいチームとそのソリューションを既存の構成に統合しました。それはとても興味深い経験で、成功しました。しかし、ニュアンスがあります。各製品にはその創設者がいます。今後12か月間のコミットメントに同意し、将来の統合について話し合います。新しく加わる人が私たちの会社に完全に適合し、些細な理由で1週間で去らないようにすることが重要です。創設者への将来の支払いは、この移行期間がどれだけうまくいくかによって異なります。彼は多くを失うか、あるいは確実なボーナスを得るかのどちらかです。

どのような人がプロのeスポーツに向いていないのですか?

優れたチームプレーヤーを認識するために、彼を競技に引きずり込む必要はありません。通常のゲームは、人が見知らぬ人とどのようにふれ合うかを示しています。彼が相手の悪口を言うようでしたら、彼はプロのチームに向いていません。今日のトッププレーヤーは皆、金の塊です。彼らは長い間プレイ続けて、その十分な才能のためにトップになることが出来ました。そして、人々がチームでプレーすることを決して忘れないでください。カリスマ的なソリストは他者と一緒に物事を実行することはめったにありません。これは、常に裏方に留まるという意味ではなく、全体的な結果が個人的な野心よりも重要であることを意味します。


写真 WePlay Esports

世界中のゲームクラブの管理

Enestech社は、SENETコンピュータークラブの管理ソリューションを販売しています。以前は、前払いで作業していました。クライアントが必要な数の機能を選択します。平均で月額100ドルです。どのようなオプションがありますか?ゲームスペースのリモート予約、請求、バーや製品店とのやり取り、視聴者統計、財務、ソフトウェアアップデートなどさまざまです。新しい市場に入るとき、彼らは地域全体が精神的にSaaSにお金を払う準備ができていないという事実に直面しました。そして、問題は支払い能力からは程遠いことです。これはイデオロギー的な信念です。この発見は検疫と合わせて、ビジネスモデルの見直しを迫られました。その結果、一部の国では、フリーウェアの形でソフトウェアを提供し、ディスプレイ広告で収入を得るようになりました。私たちはそれらの広告からの収入をクラブの所有者と共有します。私たちは現在、40か国に1,500を超えるクライアントを持っています。

データセンターとぬいぐるみ

最大の収入源はデータセンターの建設です。これは私たちの最も古い部門の1つであり、15年になります。危機の前に銀行や鉱山労働者から連絡がありました。海外の施設を含め、合計で100 MW以上の施設を建設し、一部のプロジェクトの予算は8000万ドルを超えています。

WP Merchandiseは自発的に始まりました。研修中のファッションデザイナーである取締役の妻が、招待状と一緒に配ったゲームのキャラクターの裁縫を申し出たとき、私たちはDota2トーナメントの準備をしていました。ぬいぐるみは非常に高品質で、売り上げも伸びました。その後、ベンダーも現れ、ロイヤルティのために協力することを申し出ました。それで私たちは工場を探しました。非常に長い時間がかかりましたが、最終的には、私たちは自分たちで工場を建設しました。プロセスはほぼ完全に自動化され、部品から特定のおもちゃへ仕立てで組み立てられます。それらはプレミアム品質のためにかなり高価です。

WPMerchandiseの売上高は200万ドルです。今年の夏、Petrivkaにある工場の建設と組み立てが完了したので、この数字はより伸びることでしょう。私は初めてライセンスを取得した時のプロセスを未だに覚えています。それは血と汗と涙の世界で、とても大変でした。ライセンスの決定には1、2年かかりました。今は簡単です。長い間、新しい許可を取得することは、通常の交渉以外には必要としませんでした。主な販売は、米国、ヨーロッパ、一部のアジア諸国です。ウクライナでは、全体のわずか2%です。

科学と予測

VRTXベンチャーラボは、科学的な実験と予測に専念しています。これには、水素の開発と、エネルギー、空気、水から窒素肥料への変換が含まれます。彼らは特定のプロジェクトへの投資を検討しています。彼らは私たちをいくつかの疑わしい判定から救い、深刻な損失なしに検疫期間を生き残ることを可能にしました。

冬のおとぎ話と小さすぎるスペーズ

この冬、WePlay!BukovelMinor 2020を主催し、私たちが費やした100万ドルのその半分は賞金でした。残りの半分は、トーナメント自体の組織とそれに関連するすべてのもののにほぼ均等に分割されます。たとえば、スタッフの給与の割り当てなど、優秀な専門家には多くの作業がありました。私たちは140万ドルから145万ドルを稼ぎました。

主な収入はメディアの権利です。小さいながらも重要な部分は、広告販売と、ペプシとのマクドナルドとの統合です。彼らは私たちの視聴者に興味を持っているので、スポンサーシップの大半を支払います。

この話全体で困っていることは、すべての視聴者をホストできるようなスペースが不足していることです。巨大なファンクラブを持つプレイヤーが私たちのトーナメントに参加しました。残念ながら、その半分もホストできませんでした。冬のおとぎ話を作りたかったのですが、これは人々でごった返すわけにはいきません。山の中に大きなアリーナが欲しいのですが、まだ計画には含まれていません。

メディアの権利を誰に売ることができますか?

それらは中国へ上手く販売されており、特にHuyaプラットフォームにです。デンマーク、ドイツなどの国の小さなプラットフォームや小さなTVチャンネルに販売すると、成功するという例を学びました。彼らは自国語で視聴者とうまく交流しています。彼らは安価で買い、権利ごとに数万ドルするのですが、そのような会社は数百あるので、有能にそして多くの国で販売することによって、あなたはあなたの予算をうまく補充することができます。これが戦略のひとつです。

現時点で、WePlay Eスポーツは既にいくつかの代理店を構えいます。ホールディングの戦略は全体として地域のディレクターを任命することにあります。私たちはチームの一員となっていつでも前進して行けるような非常に勇敢な人を迎えます。私たちは彼たちを才能に応じて社の一員とし、その人を製品に恋させます。彼らへのチームを集めます。まず、その人の気が変わった際に備えて、そして彼が作業を行う人を必要とする場合です。そして、準備された場所で、法人、オフィス、お金、アカウント、従業員、現地とどのように協力するか理解することなど、このすぐに運営できるチームを派遣し、できるだけ多くの地元の人を採用します。

私たちは事業の組織化のために2つのオプションを持っています。1)キエフチームと地元の従業員がいる小さなオフィスで彼らは本社と市場の知識の間に架け橋を築きます。2)ロサンゼルスなどでの大きなオフィス。あなたが投資家とその市場で協力し合う場合、そこに多くの人を備える必要があります。この計画にもかかわらず、私たちは仕事の最大80%までをウクライナに持ち込みました。しかし、アリーナは米国でも中国でも遠隔地に建設することはできません。

中国のアリーナ

中国の国立文化財団と協力して、南方の三亜市と北方の海口に2つのアリーナを建設しています。これら2つの市は、人口800万人の海南島にあります。最初は、上海、北京、広州を考慮に入れていました。しかし、それらは不当に高額であるため、財務モデルを支えることは不可能で、英語を話す観光客の長期滞在にはそれほど快適ではありません。様々な事情により、人はそこへあまり行きたくないでしょう。

私たち自身のゲーム

私たちのパートナーの1人は、「ゴジラ」と「デイ・アフター・トゥモロー」の著者であるドイツ人のローランド・エメリッヒ監督です。私たちは多くのプロジェクトに協力し、最終的にとても素晴らしいチームを統合し、何か完全に新しいものを行う時と感じました。ローランドの新製品をベースにしたかなり大きなショーを思いつきました。私たちはこのショーのゲームプロジェクトを作っています。軽いモバイルから始めて、本格的な製品に発展しました。来年の第1四半期に、WePlayEスポーツが「何か面白いもの」のプレゼンテーションを発表すると信じられずにはいりません。


インタビューの完全版は YouTube チャンネルをご覧ください。

ニュース購読を登録する
最新ニュース
The JMIND company released its platform for live-commerce - Infinite. But will it be as effective in a local market as in other countries?
03.10.2022
On September 21, within the UN General Assembly, the UN Global Compact Network in Ukraine and Poland jointly presented the study "United Business for Ukraine". TECHIIA holding cases are among the most significant ones.
28.09.2022
Roman Rodin, Chief Legal Officer of the international holding TECHIIA.
26.09.2022