Oleg KROT:「ウクライナでのeスポーツは光の速さで進化している」

Oleg KROT:「ウクライナでのeスポーツは光の速さで進化している」WePlayEスポーツメディアホールディングの業務執行取締役であるOlegKrotは、Sport.uaに詳細なインタビューを行い、ウクライナでのeスポーツの進化、パンデミックが業界に与えている影響について話し、また、最も近い将来のスタジオ計画についてもシェアしました。


– 2020年の終わりに、あなたはOleksander Usykとパートナーになりました。2021年には彼と一緒に何を作る予定ですか?

–2021年のOleksander Usykとの共同製品の主な計画は、WePlay アルティメイトファイティングリーグ(WUFL)の成長であり、オフラインおよびオンライン形式でさまざまな競技分野のトーナメントを開催する予定です。

2020年の終わりに、新しく設立されたWUFLリーグ内でのファイティングトーナメントの制作と実施を専門とするOleksanderとの合弁会社の設立を発表しました。今のところ、私たちはリーグトーナメントをひとつだけ開催しました。Mortal Kombat11 WePlayDragonTempleで、この方向性については「もっと知る」ことに決めました。

そして最近では、WePlay アルティメイトファイティングリーグのシーズン1の最初のシーズンを15万ドルの賞金プールで発表しました。今回は、MK11の他に、SOULCALIBURVIとTekken7のゲームも選びました。 WUFLシーズン1は、WePlayDragonTempleよりもeスポーツファンを驚かせるでしょう。

– パンデミックの間、eスポーツは人気を集める限りでした。パンデミックはWePlayEスポーツににどのような影響を与えましたか?

– 正直なところ、プラスの影響を与えました。私たちはすぐに新しい現実というものに適応し、隔離制限に従って活動を一変させることができました。メディアホールディングの運営活動とトーナメントの両方をオンラインに変更しました。

隔離制限が導入されたばかりのとき、次に何が起こるかについて誰も考えていませんでした。しかし、誰もが一つの願望によって団結しました。すぐに通常の生活に戻るためなら何でもすることです。その時、WeSave!チャリティープレイオンラインマラソンのアイデアが浮かび、それは188,879ドルを集めることが出来ました。私たちはこれらの資金を均等に分配し、医師を支援したり、新型コロナウィルスに対するワクチン開発に資金を提供する慈善団体であるCEPIとGlobalGivingに寄付しました。

著作:WeSave! Charity Play. WePlay Esports

このマラソンは、共通の目標と考え方で団結したチームができることを表す明らかな例です。トーナメントのコンセプトは、開催のアイデアを思いついた10時間後に作成し、7日後には最初のトーナメントを放送しました。

著作: WeSave! Charity Play. WePlay Esports

2020年の春の時点で残っているスポーツはeスポーツだけであるのは明らかでした。そのため、WePlayEスポーツとeスポーツコミュニティ全般をサポートするために最善を尽くしました。

具体的な数を言えば、2020年3月以降、6つのオンライントーナメントを開催し、今年では、4,035時間のユニークなコンテンツを生み出しました。昨年と比較すると、2019年は、1,659時間のユニークなコンテンツがありました。また、パンデミックのおかげで手続きを急がなかったために、VDNGのアリーナの建設は、少し節約できました。それでも、着実に建設して、最初から望んでいたものに完成しました。

私たちは、この望ましくないパンデミックの状況を私たちにとって有利になるように変えて、ビジネスと世界への悪影響を最小限に抑えるよう努めました。そして、私が思うには、私たちは成功しました。

‐ 近年のウクライナでのeスポーツの進化をどのように評価しますか?私たちの国でのeスポーツの将来はどうでしょうか?

– 私たちの国のeスポーツは光の速さで成長しています。さらに、これはすべてのレベルで展開しています。州レベル、ビジネスレベル、そして社会全体のレベルです。

ウクライナの公式スポーツとしてeスポーツを認めることは、業界に対する人々の認識を変えるための重要な一歩です。現在、eスポーツは娯楽としてだけでなく、社会的変化に影響し、引き起こすことができる分野としても認識されています。

ますます多くのブランドが消費者との効果的なコミュニケーションチャネルとしてeスポーツに目を向けていて、多くの企業には、ブランドとeスポーツの仲介役として機能する「eスポーツ部門」さえあります。

eスポーツ教育は活発に成長しています。大学は、eスポーツおよび関連分野の専門コースを作っています。例えば、PRおよびコミュニケーションのディレクターであるAlena Dalska-Latoshevichは、最近、ウクライナ体育スポーツ国立大学でeスポーツのPRとジャーナリズムについての講義を終了しました。さらに、キエフ国立I. K. Karpenko-Karyシアター、映画、テレビ大学と共同で、コンピュータグラフィックス映画監督コースの開始を発表しました。WePlayEスポーツのジェネラルプロデューサー兼チーフビジョナリーオフィサーであるMaximBelonogovは、大学史上最年少のコースマスターになります。教師は、WePlayEスポーツメディアホールディングスタジオチームのメンバーになります。

これは、eスポーツ会社によって開発されたウクライナで最初の監督コースです。このコースの学生は4年間勉強し、州が認めた学士号を取得します。そのようにして、私たちは一流の専門家を教育するだけでなく、最も才能のある人達はWePlayEスポーツで我々と一緒に働くよう招待されます。

ウクライナのeスポーツは急速な進化を続け、今後5年から10年の間に、私たちの州は業界のリーダーの1つになるチャンスがあると確信しています。そして歴史的に、eスポーツの進化をサポートする才能のある人々がこの国にたくさんいます。NAVIやStarLadderを例にとってみてください。

‐ WePlay Eスポーツは、トーナメントを実施するスタイルにおいて、他のウクライナおよびロシアのスタジオから際立っています。明るくデザインされたスタジオで、毎回異なるトーナメントスタイル、例えば、WePlay!Clutch Island、WePlay!PushkaLeagueです。なぜこのような照明スタイルを選んだのですか?そして観客はそれをどのように好んでいますか?

–それは、他人の頭を超えるだけでなく、私たち自身の頭を超えることに慣れているからです。少し傲慢に聞こえるかもしれませんが、実際、当社の目標は普通と違ったことをすることです。そのため、トーナメントごとに独自のコンセプトを作成するたびに、アイデンティティ、装飾、タレント用の衣装などすべてを扱う特別なストーリーを考え出します。私たちは私たち自身のやり方で、新しい方法で他と違ったことを行いたいと思っています。

私たちのトーナメントWePlay! Bukovel Minorは、典型的なeスポーツイベントの型を破りました。トーナメントの場所にウクライナのカルパティア山脈を選び、新年のおとぎ話を作成し、トーナメントに関連するすべてのものにウクライナの味を完全に統合したいと思いました。フォーク合唱団を招待し、Dota2のキャラクターを登場させた冬のSFMビデオを作成しました。

著作: WePlay Bukovel Minor. WePlay Esports

MK11 WePlay Dragon Templeトーナメントでは、アリーナをオリエンタルスタイルで装飾し、スタントマンを決勝に招待しました(彼らはプレショーでパフォーマンスをしました)。

著作: WePlay Dragon Temple. WePlay Esports

また、ARテクノロジーを使用して、スコーピオン(ゲームキャラクター)がスコーピオンズの「Still Lovin'you」を演じる動画を制作しました。そして、トーナメントの最も印象的なコラボレーションの1つは、OleksanderUsyk対ShaoKahn(MK11ゲームキャラクター)の戦いでした。

そしてもちろん、WePlay!Dota 2 Tug of War:Mad Moonの#madmoontruckで、トーナメントの最終日にプレイヤーがステージに駆けつけたことは、今でも記憶に残っています。

著作: Cybertruck на WePlay! Dota 2 Tug of War: Mad Moon. WePlay Esports

私たちとeスポーツコミュニティは、このようにしてトーナメントを作成するのを好んでいます。私たちは常にオーディエンスとコミュニケーションを取り、次のトリックについて彼らの意見を聞き、常にトレンドを把握しています。

– WePlayEスポーツはどのCS:GOおよびDota 2トーナメントを2021年にするつもりですか?

– 今日、トーナメントの開催が、それらの報道よりも私たちにとって最優先事項です。 CS:GOとDota 2の両方のゲームについて大きな計画がありますが、まだ情報は共有したくありません。近い将来の発表を待ってください、それは素晴らしいものになるでしょう!

– 競合他社は、BLAST、ESLなどのトップCS:GOトーナメントの放映権を持っています。将来、これらの権利を償還する予定はありますか?

– WePlay Eスポーツはトップトーナメントも主催し、放映権も販売しています。将来的には、他のトーナメント運営者のトーナメントが当社のトーナメントと重複しない場合、それらのトーナメントをカバーする権利を購入することに関心があります。

私たちが焦点を当てている私たちの会社の主な義務は、私たち自身のeスポーツイベントを作成することです。

過去1年半にわたって、私たちはDota2で素晴らしい結果を達成しました。これは私たちが非常に誇りに思っていることです。今年は、この分野のトーナメントだけでなく、CS:GOやWUFL内の格闘ゲームなど、欧米やCISのオーディエンスに人気のある他のトーナメントでもすべての人を驚かせると信じています。

– CISスタジオ間の競争を一般的にどのように評価しますか?それはeスポーツの進化に役立ちますか?

– もちろん、競争は常に進化の印です。eスポーツ市場のすべてのプレーヤーは倫理基準を順守しているため、「汚い」競争はありません。しかし、健全な競争精神は決して余分なことではありません。

– 今後3〜5年で最も将来性のある分野は何だと思いますか?

– 人気のDota2、CS:GOは彼らの評判を維持すると思うので、近い将来にそれらを外す予定はありません。同時に、2020年のVALORANTなど、新たな分野が市場に登場し、そのメリットと興味深い視点が生まれると確信しています。

WUFLの協力を得て、格闘ゲームの方向性を積極的に開発していきます。例えば、MK11や鉄拳7のトーナメントは、Dota2のトーナメントと同じくらいスリル満点であることをウクライナのコミュニティに示します。


Oleg Krotは、WePlayEスポーツメディアホールディングの業務執行取締役です。

IT統合、ソフトウェア開発、データセンターの作成の分野の専門家で、eスポーツイベントの開催に直接の経験があります。

彼はITおよびソフトウェアの開発と実施の分野でビジネスを始めました。2000年に、彼はコンピュータクラブネットワークを設立しました。2006年、OlegKrotはビジネスパートナーのYuraLazebnikovとともに、WePlayEスポーツメディアホールディングを設立しました。

最も重要な業績の中には、彼がYura Lazebnikovと一緒に数年間、個人的に結成したチームがあり、彼はそれを今日のeスポーツの世界で最強と考えています。

OlegKrotは会社の成長における戦略的計画、北米とアジア市場での影響力の拡大、およびWePlayEスポーツの資産の法的および財務的構造化に焦点を置いています。

目標は、社会的および慈善的イニシアチブにより個人的に注意を払うことができる方法で、会社のプロセスを確立することです。


ニュース購読を登録する
最新ニュース
2020‐2023 年度の企業社会的責任レポート
01.02.2024
Marianna Konina, Chief Public Engagement Officer of the international holding TECHIIA.
20.11.2023
Here are a few conclusions we have made and are using as the basis for the next iteration of our holding.
14.11.2023